メニュー

安全対策

医師体制

4名の常勤医師と、数名の非常勤医師という体制により、 一貫した診療・管理体制を整備しています。
また、大学病院などとの病診連携システムにより緊急時迅速に対応しています。

管理システム

分娩室、外来での胎児心拍数モニタリングを院内各部署で集中監視し、安全管理に努めています。

赤ちゃんの安全管理

安全対策すべての赤ちゃんに、出生後から退院までベビーセンス(異常警報装置)を使用、また、出生直後の母体との早期接触時には、酸素飽和度モニターを装置し、安全管理に努めています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME